言葉が遅い・自閉症(発達障害)の息子の育児ブログ

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

(ずいぶん遅いご挨拶ですみません^^;)

 

2日間、雪遊びをしてきました。

幼児期はスキー場にも行ったのですが、

キッズゲレンデが小学生は入れないため、

雪の積もっている公園まで行って、

ソリやカマクラづくりをしてきました。

 

 

 

こちら、そり遊び。

これは、よその方が作った滑り台です。

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

こちらはよその方が作ったものに手を加えたものです。

ソリを乗せる部分が狭すぎて、

ソリが不安定なため、幅を広げ、

真ん中を低くして、左右に転びにくくしました。

後ろも高くして、後ろにずり落ちないようにしました。

道もかなり削れていたので、雪道になおしました。

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

 

息子は途中で遊具へ。

 

それにも飽きて一人でフラフラ、

帰ろうと言い出しましたが、そっとしておいたら、

いろいろ他の人がやっていることを見ていました。

 

娘も息子を気遣い、ソリを押したり、引いたりしてくれました。

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

カマクラも作りました。

 

前日にお山を作っておきました。

実は、1日目はソリをするつもりがなくて、

雪を触るために掃除用のゴム手袋だけ持って行っていたんですよね。

(子ども用の手袋は濡れるので掃除用)

 

お山を作ったときは、こうやって、小さな雪玉を転がして大きくしていきました。

 

意外にもすぐに覚えて、自分で小さな雪玉を転がして大きな雪玉にしていました。

自分でいっぱい作っていたのでびっくりでした。

大きなお山を作りました。

翌日に穴を掘ってカマクラにしました。

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

よその人が雪合戦をしているのを見て、

息子も雪合戦。

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

こちらはよその方がソリ滑りをして遊んでいるところへ参加させてもらいました。

長くて面白かったよう。
長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

自分たちが作った雪の滑り台にも戻り

何度もソリ滑りをしました。

 

カマクラも完成!記念撮影(#^^#)

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

1時半過ぎについて、4時頃まで遊べました。

(幼児期の子は、1時間か2時間が限度かもしれません。)

 

その間、そり遊びをしたり、遊具へ行ったり、

そりへ戻ったり、

よその人のを見たり、

カマクラを作ったり、

よその人のそり遊びに参加したり、

雪合戦をしたり・・・

 

そうやって、自由にさせながら、

少しずつ誘っていました。

 

やらせなきゃ、と気負いすぎないで、

他のご兄弟の事や、ママ自身も楽しんでほしいと思います。

一緒に過ごす中で、楽しく言葉をかけていけば、言葉も自然と覚えていきますよ。

 

そんな育て方を、家庭療育プログラムで応援しています。

一緒に楽しく子育てしませんか?

 

楽しく遊んで出来ることを増やし 集中力をつけながら 身の回りの事、指先・

運動、遊び、言葉、全般の遅れ対策する
子どもらしい遊びや言葉・生活の力をつける
家庭療育プログラム:パーソナルプログラムはこちら
長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

 

あとは言葉の遅れだけ!言葉の遅れを早く取り戻したい方へ

家庭療育プログラム:ことばプログラム 就学準備にも!

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

▼小学生の方はこちら
言葉の遅れや学校の授業対策に小学生向けプログラム

長く遊べるようにするには・・・自閉症の息子と雪遊びをしました

<各ページを最新の状態を開くために>
それぞれのサービスページを見ていただく際、
クリックして開いた後、再読み込みボタンを押していただくと、
最新の状態で開けます。
再読み込みボタンは、ブラウザの矢印がぐるっと一周回っているボタンです。
スマホやアイフォンなどは、上から下に指でスクロールすると再読み込みします。