言葉が遅い・自閉症(発達障害)の息子の育児ブログ

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作:宝物づくりはミシンでマスクを作りました

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作:宝物づくりはミシンでマスクを作りました

小学校6年生(特別支援学級)のとき、夏休みの工作(宝物づくりは)、ミシンでマスクを作りました。

 

特別支援学級の息子には視覚支援!ミシンの使い方を説明書を見ながら学ぶ

特別支援学級の息子には、まずは、いきなり道具を使うのではなく、

説明書を見て、手順を理解してもらいました。

数字を折って、糸をかける順を学んだり、

上糸、下糸、ボビン、などの名前も覚えました。

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 視覚支援でミシンの勉強から

まずは、ミシンの使い方から。

上糸のかけかたから、下糸の準備も練習しました。

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作実際にミシンを触ってみる 特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 実際にミシンを触ってみる2

 

特別支援学級の息子にはスモールステップで!雑巾で練習

それから、ミシンで雑巾を縫う練習をしました。

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 ミシンで雑巾 特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 雑巾の完成

 

特別支援学級の息子には制作過程を視覚支援で説明してから制作

それから、本番!ミシンでマスクを作りました。

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 ミシンでマスク作り

紐を通して・・・

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 マスクに紐を通す

結んで・・・

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 マスクの紐を結ぶ

出来上がり。

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 マスクの出来上がり

 

制作過程をノートにまとめました

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 マスクの作り方 視覚支援 手順書

言葉が苦手な息子が自分なりの言葉で書いた文章。

「マスクの作るの絵をかいてかきました。ぞうきんを作りました。うれしかったです。」

 

文章が少し間違っていたり、言葉足らずですが、本人なりに文章を組み立てました

本来の正しい文章はこちら。

「マスクの『作り方』の絵を(お母さんが)かいて

 (ぼくが文章を)かきました。

 ぞうきん『も』作りました。うれしかったです。」

特別支援学級小学校6年生の夏休みの工作 作文

 

<小学校の特別支援学級在籍時の夏休みの宝物づくり(1年生から6年生)はこちら>

1年生は大人気!ビー玉転がし
2年生は低学年でもやりやすい粘土工作でお菓子の家の貯金箱
3年生は低学年でも出来る!粘土やスライムで食べ物サンプル

4年生はのこぎりを使ってみました!スマートボール(おもちゃのパチンコ)

5年生は段ボール工作で立体駐車場:カッターの練習にもピッタリ!

6年生の夏休みの工作:宝物づくりはミシンでマスク

でした。参考にしてくださいね。

 

<夏休みの関連記事はこちら>

自閉症の息子の夏休みの日課は

夏休みの準備:スケジュールの視覚化

出来たよカレンダーについて

 

<そのほか関連記事はこちら>