言葉集中療育プログラム:幼児の言葉が遅い・出ない・会話ができない子のためのプログラム

言葉集中療育プログラム:幼児期の言葉が遅い・出ない・会話ができない子のためのプログラム

言葉集中療育プログラムとは

言葉集中療育プログラムとは、ご家庭でママがお子さんの言葉を引き出すために、家庭療育プログラムをお作りして、ご説明し、バックアップすることです。

子どもが言葉の意味を覚えていくのは、日々使う言葉から。
毎日の声掛けによる家庭療育により、通う療育よりも高い効果が期待できます。
言葉集中療育プログラム|澄川綾乃のカンタン家庭療育

言葉が遅い幼児期の悩み・状態を「療育プログラム」へ

幼児期の子どもの言葉が出ない、言葉が遅いことでこんなお悩みはありませんか

言葉が1つも出ない
出た言葉が消えてしまう
こちらの言っている言葉の意味が分からない
まねっこが出来ない

こんなお悩みは1歳前後のお子さんに多いですよね。

 

また、5歳前後のお子さんの言葉が遅いお悩みについて、

◆二語文や三語文は出るようになったけれど、質問にこたえられない、意味が分からない
◆質問の意味を理解して答えられるけれど、単語でこたえて、文章にならない
文章を繋げて話したり、物事を説明できない
仮定や抽象的な質問の言葉の意味が分からない
過去や未来の使い分けや質問の言葉の意味が分からない
受け身の日本語や助詞数え方の単位を正しく使えない

 

言葉が遅いお子さんのよくある事例です。
お子さんがそれを自分で気が付いて自分で使えるようになるのをただ待つと、とても時間がかかります。

言葉の遅れを取り戻すために作ったのが言葉集中療育プログラムです。

 

会話が出来ない子は質問の意味が分かっていない子どもへの言葉の療育プログラム

会話が出来ない子の多くは、質問にこたえられません。それは質問の意味を理解していないからです。
そんな子には、1つずつ質問の意味を教えていく療育が必要です。

質問の意味を理解していても、適切な言葉が思いつかなくて、答えられない子もいます。
そんな子には、お子さんに適切な答え方を教えていく療育が必要です。

 

質問の意味が分かっても会話がかみ合わない子や、突然喋り出す子どもへの言葉の療育プログラム

質問の意味が分かっても、こちらの問いかけには答えてくれない子どもには、受け答えの練習の療育が必要です。

また、突然喋り出して、聞いている人には何の話か分からない、そんな話し方をする子どもには、何の話なのか、前置きをきちんと伝える練習する療育が必要です。それを療育プログラムにまとめました。

カンタン家庭療育 会話・コミュニケーション力をつける言葉集中療育プログラム

言葉が出ない・言葉が遅い子から言葉を引き出す独自の家庭療育プログラムの手法

「言葉の発達」と「幼児期の子どもの言葉」を研究して・・・

言葉は、ただ、要求語が言えればいいとか、形容詞が分かればいい、というような文法的に教えていくのではありません。

★幼児期の子どもがママに伝えるとき、どんな言葉で伝えるのか、
★ママと会話ができるために、親はどんな言葉で質問をし、幼児期の子どもは質問の意味を理解してどんな言葉でお返事するのか、
★会話を1単語ではなく、文章の言葉で答えるために幼児期の子どもに必要なことは何か
★相手に状況やこちらの言いたいことの意味や意図を伝えるために必要な言葉は何か
★問いかけ、受け答えが会話として何回か続くためには、どんな言葉を幼児期の子どもに言えるようにするべきか。
★好き勝手に話すのではなく、何の話か相手に伝わるように話すには、どんな事が必要か。

そのように、ただ単語を暗記させて教え込むのではなく、「日常会話することに重点を置いた」のが澄川綾乃の家庭療育プログラムです。
カンタン家庭療育 会話重視の言葉集中療育プログラム

 

 

<お客様の声>

目標だった、質問に正しく答えること、
自分の気持ちを言葉で伝えることができるようになり、
行動に問題がなく、一年生の勉強の基礎もできているため、
という理由でした。

まさか息子が療育を卒業できるとは夢にも思わなかったのでびっくりしました。

ここまで息子が成長できたのは、澄川さんのおかげです。

療育施設での療育だけでは、
息子がここまで話せるようにならなかった
と思います。

本当にありがとうございます!
今後とも、言葉療育プログラムのご指導のほど、よろしくお願いします。

言葉集中療育プログラム|澄川綾乃のカンタン家庭療育

2つの家庭療育プログラムの内容

個別で手厚くご相談に乗り支援します

一人でも多くのお子さんが、少しでも遅れを取り戻して入園、就学して、穏やかな生活が送れることを切に願っています。
こちらの言葉集中療育プログラムは、そんな願いを込めて、作りました。

療育プログラムは、パーソナル療育プログラムと、こちらの言葉集中療育プログラムの2つがあります。

 

パーソナル療育プログラム

パーソナル療育プログラムは、言葉、お勉強の基礎、人との関わり、指先運動、身の回りの事、をまんべんなく取り組み、入園や就学に備えます。

 

言葉集中療育プログラム

言葉集中療育プログラムでは、身の回りの事や指先運動の事はほぼ自分でできるお子さんについて、言葉を中心にプログラムを組みます。

 

こちらは、身の回りの事が自分でほぼできるようになったお子さん(目安は5歳~8歳くらいかな)が対象です。

インターネット経由の無料テレビ電話Skypeで、50分、お母さんに、お子さんの言葉を引き出す関わり方をお伝えします。

そして毎週、メールでご様子を伺って、アドバイス致します。

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのように」の質問に、文章で答えられ、ママと日常会話ができること
園での出来事を家で報告したり、家での出来事を園で報告したりできること
物事を説明できること
自分の気持ちを話せること
相手の気持ちや立場を理解出来ること
社交辞令やお世辞、言葉の裏側に隠された気持ちを理解すること
仮定や条件、未来、過去を理解してお話すること
助詞や単位を正しく使ってお話すること

を日々の会話の中で1つずつ教え、使える言葉を増やし、文章でお話できる力を育てて行きます。

 

コースの料金
★1ケ月コース 16,200円
★3ケ月コース 45,360円(1月あたり15,120円)
★6ケ月コース 84,240円(1月あたり14,040円)
1つの大きな目標を6ケ月で段階的にできるようにする6ケ月コースがおススメです。

※記載価格は税込価格です。Primrose岐阜での対面、Skype、line、電話、メール、全て同じ料金です。
(パーソナル療育プログラムと同額です。)
途中解約の場合、長期割引分と振込手数料を差し引いて、未実施の分を返金致します。

いずれの家庭療育プログラムでも、無料オリエンテーションで、あなたのお子さんにどんな言葉を引き出すプログラムを組むのか、お話しています。
まずは以下からお問い合わせください。

お問い合わせ、お申し込みの際は、メールの受信設定をお願いします。
mail

▼お問い合わせ、お申し込みはこちら






















言葉が出ない、言葉が遅い、発達がゆっくり、発達障害や自閉症、グレーゾーンのお子さんを持つお母さんのアドバイザー
澄川綾乃のカンタン家庭療育(ピアレントトレーニングをしています)