家庭療育の支援事例とお客様の声

発達障害・自閉症の家庭療育「言葉を何のために使うのかを分かっていない」

ブログを見てくださった方からこんなメッセージを頂きました

私自身、今であれば療育を進められるような子供だったので、このようなブログがあることがうれしいです。

「喋れるのに、コミュニケーションに使わない、それは、言葉を何のために使うのかを分かっていないのです。」
ものすごくよくわかります!

自分の世界と周りがつながっていないんです。

ちなみに私は、知能テストは、
どれだけ問題を正確に早くこなすかを証明するテストだと気づくのに数年かかりました。
それまでは、問題に対する私の見解を知りたいのかと思って、問題についてずっと考察していました。

ですので、物事の目的とかをわかりやすく説明してくれる人がいるといないとで、全然違うと思います。


今、療育をためらっている方へ、
療育はある程度早い時期に始めたほうが効果があるようです。
私の友達のお子さんも、明らかに自閉傾向があって、私たちからみれば一目瞭然なのですが、お母さんは認めたくないらしく、認めるまで結構大変でしたが、お母さんが受け入れて療育に踏み出したらものすごく効果があったようです。

早いほうが母子のストレスも少ないです。
是非、皆さんにしって頂き、前向きに療育に進んでほしいと思います。

温かいメッセージをありがとうございます。

カンタン家庭療育は、特別なものではありません。
子育ての中でちょっと難しいことを、簡単にして、分かりやすく教えてあげる、そういう接し方なのです。

早期療育と積み重ねが、お子さんの未来を作ります。
一緒に、ご家庭でできる療育を始めましょう。

発達障害・自閉症育児のカンタン家庭療育

★★☆ 毎日の育児の中でできる簡単な療育を、「着実なお子さんのご成長を叶えるパーソナル療育プログラム」でバックアップしています。 ☆★★
着実なお子さんのご成長をかなえるパーソナル療育プログラムはこちら
あなたのお子さんにどんなバックアップができるのか、無料オリエンテーションでご説明致します。
   
   
★★☆ まずは、カンタン家庭療育を手軽に始めてみたい方へ ☆★★
8歳のお子さんも言葉が出た無料メール講座
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

要求語を促す!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。

発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。
  
  
~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~