澄川 綾乃

育児・発達・療育に悩むお母さんのアドバイザー

澄川 綾乃

  • 子どもの言葉が遅いこと、発達が遅いこと、言う事をきいてくれないこと、自閉症や発達障害と診断されたこと、子どもが療育に通っていることなど、子どもの発達や育児の悩みは沢山ありますよね。

    私の息子も3歳半までは言葉で要求出来ませんでした。
    癇癪(かんしゃく)の時は、床に何度も頭を打ちつける事に、何年も悩まされました。自閉症スペクトラム(発達障害)とも診断されました。

    でも、正しい言葉や行動は、お母さんが教えることが出来るんです。
    私の息子も、今では癇癪を我慢して、私の胸で泣いてくれるようになりました。
    言葉の無い息子から言葉を引き出して、三語文まで発展させ、質問にもこたえられるように練習しました。

    育てにくくても、自閉症や発達障害でも、可愛い我が子に変わりはありません。

    子どもが出来るように丁寧に教えていくと、
    子どもの小さな成長に目を向けられるようになり、
    子どもの成長を信じられるようになります。

    我が子がもっと可愛くなり、
    自分自身の育児にも自身が持てるようになります。
    そんなお手伝いをしています。

  • 澄川綾乃の紹介とカンタン家庭療育が出来るまで

    澄川 綾乃

     大学時代はアルバイトで塾講師を務める
     国立岐阜大学工学部を卒業
     岐阜県庁入庁

    息子が自閉症と診断されるまで

    2010年 長男を出産
    2011年 長女を出産

    2011年 長男の1歳半健診で言葉が遅いことを指摘される
    2012年 長男の発達障害(自閉症スペクトラム)と診断される
    2012年 市で初の保育所等訪問支援事業の利用する
    2013年 病院の作業療法を利用する
    2013年 ABA行動分析に出会う。
          すぐに言葉で要求できる。

    カンタン家庭療育の立ち上げ・出張の療育講座・相談会を開始

    2014年 岐阜県庁退職
        カンタン家庭療育のブログを始める
        無料メール講座開始

    家庭療育プログラム開始

        パーソナル療育プログラム子育て講座ランチ会(出張:療育講座・相談会)
        個別相談で困っているご家族を支援。

    2015年3月から2016年3月まで名古屋市の児童発達支援・放課後等デイサービス:スポーツキッズ上社さまと療育アドバイザー契約

     言葉集中療育プログラムを開始

    岐阜市の補助金をいただく

        11月子育て応援施設Primroseへ事務所を移転
        すくすく★おやこスクール(療育講座・相談)開始

    自閉症や発達障害の子どもの育て方の療育講座をPrimrose岐阜で定期開催

    2016年3月 岐阜市産業雇用課の新規事業補助金が確定し5月に頂く

    遠方や仕事で岐阜市の療育教室に来れない方への通信講座を開始

    2016年6月~すくすく★インターネットスクール(療育の通信講座)を開始
     
    2017年2月から5月まで岐阜市の児童発達支援・放課後等デイサービス:ジムズ・ジュニア&ジムズ・キッズさまと療育アドバイザー契約

    2017年3月 岐阜市産業雇用課の新規事業補助金(2年目)が確定し5月に頂く

    自閉症、発達障害、言葉が出ない、遅い子のママの相談・支援

    問題も多いABAを、ABAの良い所、これまでに受けた療育の良い所、保育所での先生方から学んだこと、通信大学や書籍で学んだことを基にして、日常の機会を利用した自然な子育ての方法として独自の療育プログラムを確立。

    特に、言葉についての家庭療育を最重要視し、生活の中の機会をとらえて、日常会話をママが教え誘導するために、どんな手順で日常会話を教えるかを独自のプログラムにまとめる。

    子どもが会話・コミュニケーションによって自分のことを伝えられ、お友達とコミュニケーションでき、就学に必要な言葉の力をつけるために、独自の療育方法を療育プログラムにまとめ、お伝えしている。


    「子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てる!」
    教えずらい子に理解しやすい方法は、誰にとっても分かりやすいため、言葉や発達の遅れに限定せず、多くの人に届くように活動している。

  • 相談室・療育教室がプリムローズ岐阜にオープン

    澄川 綾乃

    1階が喫茶店と託児になっている子育て応援施設primrose岐阜の4階が相談室です。(完全予約制)
    自閉症や発達障害、言葉が出ない・遅い子どもから言葉を引き出して発達を促すママの関わり方をアドバイス。
    遠方の方へ、インターネット経由の無料テレビ電話SkypeやLine、お電話での家庭療育プログラムの作成、育児相談も行っています。

  • 澄川綾乃のカンタン家庭療育Primrose(プリムローズ)岐阜のアクセスマップ

    澄川 綾乃

カンタン家庭療育ご推薦の声

山田健生さん

【ご経歴】
「ケンリハスポーツキッズ上社」の代表者で、東海医療科学専門学校の講師。心の安寧や脳機能を高める為に運動はとても重要であると感じ、スポーツ型療育の児童発達支援・放課後等デイサービス事業を始められました。2015年4月のオープンから、アドバイザー契約をして頂きました。

【カンタン家庭療育の推薦文】
澄川先生と出会い、徐々に運動だけではいけないのではないか、もっと発達のお手伝いが出来るのではないかと思うようになり、アドバイザーをお願いしました。
座学で研修を何度かしていただきましたが、具体例を交えたお話はとても興味深く、実際に役に立つ内容でした。また、子ども達をお預かりしているところにも参加頂き、子ども達がまとまっていく、出来ることが増えるためのアドバイスが的確でした。子ども達への話しかけ、接する様子も参考になりました。

花田愛美さん(左)、草野悦子さん(右)

【ご経歴】
花田愛美さんは、就労支援サービスを提供する株式会社アイエスエフネットの教育開発部の企画担当者、草野悦子さんは、アイエスエフネットグループが立ち上げた児童発達支援事業所『さんらいず』のサービス管理責任者でいらっしゃいます。

【カンタン家庭療育の推薦文】
当園『さんらいず』の立ち上げ時期に、先生の自宅療育のお考えに共感し、お声を掛けさせて頂きました。お子様の幼児期の早期療育は、これから成長していく上で要となるとても大切な時期を支えていくものであり、療育施設と自宅での両面から行なう事が望ましいと考え、お母様のアドバイザーとして御協力いただきたいと考えております。
また、保護者様、特にお母様の気持ちを理解し、メンタル面もサポートしていきたいと考えておりますので、当社の父母会での講演にご登壇を御願いいたしました。

時實順子さん

【ご経歴】
保育士(名古屋市の公務員)として25年勤められ、定型発達の子だけでなく、遅れや障害をもった子のお世話や、発達を伸ばすための関わりをされていました。現在は、保育士時代のご経験を生かされ、育児に悩むお母さんが自分を認めて幸せになれるための自己承認のための「マザーサポート講座」などをされています。

【カンタン家庭療育の推薦文】
ご自身の経験に基づき、作成されたプログラムは、子どもの気持ちに寄り添ったものです。繰り返す中で、「やらせるもの」から「やりたいもの」へと変わっていき、発語を促すことと思います。