家庭療育の支援事例とお客様の声

カンタン家庭療育 唯一のジェスチャーを正しいものにすぐに直せてびっくりです!

こんにちは。
発達障害・自閉症のお子さんをもつお母さんのアドバイザーの澄川綾乃です。

無料メール講座を始めて間もない3歳のお子さんについて、こんな感想をいただきました。

<感想こちら>
手の平を上にして、ちょうだいのポーズをしてくれました。
昨日↑↑です。
今日も、ちょうだいとやってみたら、自分から手のひらを上にしてました!!!
びっくりです。
やはり、何度も繰り返す事によって、身に付いていくのですね!!
渡すと、ヘヘッッと笑ってよろこんでます。
言葉に出るように、毎日続けていこうと思います。

発達障害・自閉症育児のカンタン家庭療育 ちょうだいの仕草が出来ました

実は、このお子さんについて、無料メール講座の「ちょうだい」のジェスチャーについて、こんな質問を頂いていました。

<質問はこちら>
ちょうだいのポーズは、手のひらを上に、でなく、、
2回手をパチパチでお願いしますで、教えてしまっていたため、ちょうだいも2回パチパチで定着してしまってます。

手のひらにのせるというので、手のひらは上にが理想なのですが、なかなか今まで変更もできずに、ズルズルきてしまい。

せっかく出来たものを変更するのも、こちらの都合なので、唯一、定着しているものなので、壊したくない、、とも思っていまして。

そうですよね。唯一定着しているもの、壊したくない、そのお気持ちとてもよく分かります。

でも、ジェスチャーは相手に伝えるためのもの。そのジェスチャーを見て、誰にでも同じように伝わることが大切です。

直し方をアドバイスしてやっていただきました。

そうしたら、その翌々日に、この感想をいただいたのです。
良かったですね。

無料メール講座では、このように、お母さんやお子さんに負担をかけることなく、短時間で効果を実感頂ける方法をお伝えしています。

また、このお子さんのように、やってみて出てきた質問に、お応えしています。
確実にできるようになってもらいたいからです。


8歳のお子さんも言葉が出た無料メール講座
~ちょうだいから三語文まで、発語を促すカンタン家庭療育~

要求語を促す!言葉とジェスチャーを育てる!教える過程で模倣も覚える!!
毎日1通ずつ届くから、無理なく続けられる。


発達障害特有の育てにくさを解消して育児のストレスから解放され、我が子をもっと愛せるようになりますよ。
  
  
~発達障害児のご家族の支援をしています。澄川綾乃のカンタン家庭療育~