自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法

自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法

自閉症の子どもの特徴:高いところへ登りたがる理由ことについて

子どもは高いところへ登るのが好きな子が多いですが、とくに自閉症の子の中に、高いところへ登りたがる子が多いですね。
危険な場所へも平気で登ってしまってヒヤヒヤしたり、周りの親から躾のなっていない子という白い眼を向けられたり・・・
そんなお子さんへの接し方、対処方法についてまとめました。

 

子どもが高いところへ登りたがるのは、視界が変わるから。

特に、自閉症の子どもは斜視をしたり、文字を逆さから見たり、自分の好む見方をして楽しむこともあるため、高いところへ登るのも、見方を楽しむ1つではないかとも思います。

 

自閉症の子どもの中には、多動の傾向をあわせ持つ子どもも多く、じっとしていられないことも1つの理由と考えられます。

 

大人が困るところへ登りたがる自閉症の子ども達

高いところへ登りたがる子どもは、こんな行動で回りの大人を困らせることがあります。

・家の中で冷蔵庫の上や棚の上に登る
・塀の上に登る
・エスカレーターやエレベーターを何十分も続けて乗りたがる
・階段を登りたがる

・園の避難スロープを登りたがる
自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法     自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法

 

高いところへ登りたがる自閉症の子どもへの対処方法

このようなお子さんには、こんな風に対処すると良いですよ。

 

回数を決めて前置きする

エスカレーターやエレベーターに乗りたがったり、階段を登りたがる子には後1回などと前置きしましょう。

 

登って良いところを作ってあげる

不適切なところに登りたがる子どもには、屋内用のアスレチック遊具を置いたり、公園に出かけるなど、積極的に体を動かせる環境を整えてあげましょう。

発達障害や自閉症、多動性障害でなくても、子どもは動き回るものです。
それは、人間の発達の順番が、体全体が発達し、手指が発達していくという、発達をしていくためでもあります。

自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法

 

身体を動かせる環境を整える

また、現在の住環境は、戸建てが減り、アパートやマンションになり、庭がないお家が増えました。
外は車が増え、近くに遊べる公園や、走り回れる自然が無い地域も多いです。
外で動き回れる環境がないのが原因のこともあります。

 

お子さんの生活環境や、一日の過ごし方を考えてあげることで、改善される場合もありますので、一度見直されるのも良いですよ。

自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法

・中には足腰や体幹が弱い子も・・・

中には、足腰が弱く、腕の力が強く、登るのが得意な子もいます。全身発達がアンバランスで、得意な事をやりたがるから、という場合もあります。
足腰や体幹を生活や遊び、運動の中に積極的に取り入れて、鍛えていくと良いですね。
自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法自閉症の子が高いところに登る理由と対処方法