記事

息子から折り紙を教わる日が来るとは思いませんでした

言葉が遅い6歳のお子さんの言葉集中療育プログラムのご相談支援事例です。

保育園の飾りびなは折り紙で作ってあったのですが、その折り方を教えてくれました。

「角っこをきちんとそろえてね」「ここを重ねて折ってね、丁寧にね!」

「ひっくり返してからだよ」等、きちんと説明してくれました。

先日、療育施設で折り紙をやったのですが、先生から、

「息子さんは、こちらの指示をよく聞いて上手に折ってます。

ここを重ねて、とか、折り目を付けて、とか、よく理解していますね。」と言われました。

言われた通りに作る→作り方を覚える→自分で作り方を説明できるようになりました!!

まさか息子から折り紙を教わる日が来るとは思いませんでした。感動しました。

 

また、療育中に先生が、「次はパズルと塗り絵、どっちをやりたい?」と聞いたりすると、

「パズル!いろんなかたちを作りたいから」等、息子は自分から理由を話すそうです。

先生から、「自分の意思を伝えられるようになりましたね!

この調子なら小学校でも大丈夫だと思います」と言っていただけました。

家でも、私が、「今日は何が一番おもしろかった?」と聞くと、

「スクーター!・・・なんで?って聞いて!」と、催促してきます。

普段から、どうして?なんでそう思ったの?と声掛けしているので、

自分から理由や気持ちを表現する癖?がついたような気がします。

クイズで不正解だったときも、「〇〇かと思っちゃった、だから間違えた」等、

こちらが何も言わなくても言い訳してくれます。(笑)

小学校入学まであと一か月、更に言葉の力を伸ばせるように頑張っていきます。