家庭療育の支援事例とお客様の声

言葉が出ない発達障害の4歳パーソナル療育プログラム「音真似が出来た!」

4歳の言葉が出ていない発達障害のお子さんのご相談事例

4歳の発達障害のお子さん。
言葉やまねっこができないとの事でしたが、
パーソナル療育プログラムの無料オリエンテーションの時に、遊びの中で、何度も音を真似することができました。

遊びも、少しずつ誘っていくと、出来るようになっていきますね。

時々、おもちゃをわざと口に入れようとするなどすることもありましたが、
親の気をひこうとしての事でした。

子どもは、構ってほしくて、不適切な事をして気をひこうとすることがあります。

どうやって遊んであげると喜ぶかが分かってくると、そんな事も少なくなっていきます。
カンタン家庭療育 パーソナル療育プログラム

遊び方も、言葉を教える事も、大人が遊び上手になることが大切ですね。
親子楽しく、育児と躾をしながら言葉や行動を教える。
それが、こちらのパーソナル療育プログラムです。