家庭療育の支援事例とお客様の声

言葉が遅い3歳「言葉がどんどん出て質問も分かるように」パーソナル療育プログラム

パーソナル療育プログラムに取り組まれている、3歳になったばかりのお子さんのご相談事例

「言葉が遅い」とご相談頂いている事例

カンタン家庭療育のパーソナル療育プログラム

初めてこちらの教室にお越しいただき、パーソナル療育プログラムの無料オリエンテーションをしたときに、
お子さんは、音声模倣オウム返しを覚えました。

 

そして、ママにも、子どもが退屈しない遊び方を覚えてもらいました

 

すると、どんどん言葉をまねするようになり、
「あけて」「だっこ」などの要求語や
「りんご」「みかん」などの単語の語彙も増えても言えるようになり、
動詞も出てきました。

 

また、「誰?」「何?」「どこ?」などの質問の意味も分かって、
「リモコンはどこ?」と聞くと、取りに行ってくれるようになりました。

 

こちらは、絵本の読み聞かせをしているところです。
絵本も、いろんな絵本を楽しく読み聞かせできるようになりました。
カンタン家庭療育のパーソナル療育プログラム

言葉が出ない、言葉が遅い、絵本を見てくれない、と思っていても、
子どもが興味を持てるもので上手に教えていくと、1つずつ、できるようになっていきますよ。
<参考リンク>
言葉の発達の順番
2歳3歳の幼児期の言葉の遅れで見直したい関わり方

>>3歳で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴

 

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの言葉発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

発達がゆっくりな子にも理解できる丁寧な教え方は、誰にとっても分かり易い。教え方のコツを知って、あなたの育児を楽にしませんか。
子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。