3歳で喋らない子どもの様子・特徴

3歳で喋らない子どもの様子・特徴

3歳になっても喋らない子の様子や特徴について、箇条書きにしました。
最後に、言葉を引き出す方法についても記事がありますので、お子さんの状態を把握して、発達段階に合った声掛けを知り、お子さんの言葉を引き出していってくださいね。

 

・喃語はパパパパ・まんまんまんまん のみ

 

・喃語はよく出ている。ほっぺたが赤ちゃんのようにぽちゃっと膨らんでいる。

 

・こちらから周りの物を指さして声掛けしても繰り返さない。
1歳半頃は繰り返していましたが途中から無くなりました。

 

・2歳くらいにはいくつか単語を喋ったが、今はクレーンがほとんどです。

 

・言葉の意味を理解をしない、まねごとをしない、バイバイ、指差ししない

 

・模倣(まね)が非常に苦手です。

 

・はい、いいえの首振りはできる。音は「あー」しか出ない

 

・高い音をよく出していて
普通のトーンで発音していけるようになってほしいなと思います。
テンションが上がると、奇声を発する

 

・ダ タしか言えずに、オモチャの取り合いで友達に噛みついてしまいました。

 

・言葉が喃語のみで単語はまだひとつも出ていません。
要求があるときはクレーンで訴えてきます。

 

・呼びかけても振り向かない時が多く、指差しもでない

 

・欲しいものは指さしやうーあーなど…
ちょうだいは?などは言うと手を前に出してちょうだいポーズはします。
こちらの言う事はだいたい理解できてるように思うのですが、言葉に繋がらない

 

・自閉スペクトラム症と診断を受けました。

 

・多くの特性が見えるようになってきました。本人も伝わらずに困って癇癪を起こすようになってきています。

 

・自閉症の子どものこだわりなど、何なにもかもが当てはまっております。

 

・泣き叫んだ時のみママと呼ぶくらいでその他の単語も増えません。

 

・玩具を取られると噛みつく

 

・嫌な事があると叩く

 

・やりたくないときは癇癪を起す

 

・ダメなことがあると自分を叩く

 

・だ、あ、う、掌を使ってぶーはやっている
だっ!と言えばだっ!と返す。
ラッパも吹けるが、言葉が言えない

 

・喃語はたくさん「きゃきゃきゃきゃ」声をあげて笑う
「た」「あ」「ば」言っている
まねっこをしない 周りが踊ってもにこにこ見ている感じ

 

・共働きで保育園から帰ったらご飯を食べさせてお風呂に入れて寝るだけのあわただしい生活だった

 

・喃語は出てる、
単語も気分で出ることもある
「しゅっぱつ」「おいしい」「いこう」など
一日に1~2回出ることがある

 

・ベビーサインをやっていて、三語文くらいをすべてサインで会話する

 

・喃語をとにかくしゃべっています。意味のある言葉を話しません。
本人はとても喋りたそうにしています。
名前を読んだら手をあげます。
質問には答えることができません。
言葉で会話が成立しません。
指差しが少しずつでてきています。

 

・意味のある言葉がない。喃語?みたいなものはあります。
一語話しても、忘れるようで、話さなくなります。

 

・一度っきりの言葉はこれまでいくつか出ていた

 

・喃語はよく出る「アンパ(ン)」「ま」「あ」はっきり出ている

 

・喃語がお喋りのようにリズミカルな音になってきました。また、話しかけたりすると、たまにですが喃語で話してくれます。

 

・言葉っぽいものは出ているが、はっきり言葉にならない
「おはよ」と言われると「あああ」とそれっぽく言うが、
あ、や、ま以外の音が出ない

 

・言葉が話せない。語尾だけのオウム返しがやっと。

 

・言葉がほとんどありません。少しの音真似は出来ます。「あ」から「き」まで。

 

<言葉の出ない子から言葉を引き出す無料メール講座はこちら>

3歳で喋らない子どもには無料メール講座で発語を引き出そう

言葉の出ない子への関わり方をこちらに記載しています。
参考にしてください。

  • >> 言葉の遅れってどんなもの?具体例とうまくおしゃべりできるための関わり方
  •  

  • >> 2歳や3歳の幼児期の言葉(遅れや出ないなど)で見直したい関わり方
  •  

  • >> 言葉の発達の順序
  •  

  • >> 3歳の子どもと会話ができない?会話にならない?| “関わり方”が言葉を育む
  •  

  • >> 幼児の言葉を発達させるために親ができること |「もっと喋ってほしい」とお悩みの方へ