言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ送り出せる「お話する力」の育て方

言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ送り出せる「お話する力」の育て方

保育士監修 無料メール講座

安心して幼稚園に送り出せる

「お話しする力」の育てかた

 

「何してるの?」って話しかけても、返事が返ってこない。

 

子どもから一方通行の言葉ばかりで、
会話らしいものをしたことがない。

 

公園や児童センターで、

「ママ、お兄ちゃんがおもちゃ取った!」と言っているのを聞くと、
あんな、小さな子でも、ママに、嫌だったことが伝わるように、お話できるのに。

 

「ママ、お兄ちゃんがおもちゃ取った!」

あんな、2歳くらいの子でも、ママに、嫌だったことが伝わるように、お話できるのに。

 

うちの子どもは、私が「どうしたの?」と聞いても、
泣いてばかりで答えられない。

 

もうすぐ幼稚園なのに、こんな風に言葉が遅れていて大丈夫かな?

(もう幼稚園に通っている子の場合は、幼稚園では大丈夫なのかな?)

なんて、⼼配になってきますよね?

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

 

この無料メール講座では、

ママがお子さんとの会話を楽しみながら、

安心して幼稚園に送り出せる「お話しする力」の育てかたを、

3つのポイントにわけてお伝えします。

 

お子さんが、
「ママ、切れない。やって。丸く切って。」
なんて、話してくれるようになったら、

なにがうれしいのか、なにに困っているのかがよく分かるし、
子どもとの会話が楽しみになりませんか?

 

いっぱいお話しできるようになったら、幼稚園にも安⼼して送り出せますね。

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

安心して幼稚園に送り出せる!お話する3つの力とは

 

1 今うれしいことや楽しいこと、困ったことを「ふたこと~みこと」でも 相手にわかるように伝える力

 

「積み木で遊んでる。」っていう「ひとこと(一言)」だけだと、どう遊んでいるのかわからないけれど、
「積み木で遊んでる。おうち作った。ここが玄関だよ。」って「ふたこと(二言)やみこと(三言)」話してくれたら、
よくわかりますね。

 

「いや!」っていう「ひとこと(一言)」だけだと、何がダメなのかわからないけれど、
「○○(おとうと)がおもちゃ持ってっちゃう!返してよ!!」って「ふたこと(二言)やみこと(三言)」話してくれたら、
兄弟喧嘩も、おおごとにならずに済みます。

二言や三言でいいので、つなげて話すことができたら、様子がよく伝わりますよね。

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

今、目の前のこと、の会話を楽しめるようになると、

今日、幼稚園であった、楽しかったことを話してくるようになります。

 

幼稚園の様子も、わかるように伝えてくれるようになっていったら、安心ですね。

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

2 人から聞かれたことにちゃんと答えられること

 

子どもが怒っているときも、

癇癪を起こしたり物を投げたり、泣きわめいたり、すねたりしないで、

「どうしたの?」と聞かれて、「上手に出来ない。くやしい!」って言葉で言ってくれたら、育てやすいですよね。

 

子どもがご飯を食べなくて、「なんで食べないの?」って聞いたときに、

「お腹が痛い」「お腹が空いていない」「ピーマン入ってるから嫌」「あんかけが嫌」などと、

具体的に子どもの言葉で理由を聞くことが出来たら、

具合が悪ければ病院へ連れて行くことも出来るし、

好き嫌いなら嫌なものだけどけてあげたり、子どもの思いを聞き入れてあげられますよね。

 

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

 相手の話をちゃんと理解できること

お姉ちゃんとママが、「明日、お誕生日だから、夕方にケーキを買いに行こうね。」と聞いて、

子どもが、今ケーキを買いに行くと勘違いしてしまい、買いに行けない理由が分からずに

癇癪を起こしてしまう、ということがあります。

 

話の内容がちゃんと理解できれば、「今日じゃないよ、明日買いに行く」ということがわかれば、

癇癪を起こさずに、明日を楽しみに待つことが出来ます。

 

相手の話がちゃんと理解できると、子どもの勘違いによる混乱やパニックが少なくなり、

お子さんも、ご家族も、ラクに暮らせるようになります。

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

3つの言葉の力がないと 幼稚園ではどうなるの?

言葉がわからないと、幼稚園では、こういうトラブルになってしまうことが多いのです。

・「何言っているかわからないから、一緒に遊んでもつまらない」とお友達に言われてしまう

・お友達の気を引こうと逆に嫌がることをしてしまう

・お友達と喧嘩して先生に叱られたときも、自分の言い分や状況を伝えられず、悪者になってしまう。

・先生に「何が嫌なのか」「何だったらいいのか」をうまく言えず、逃げてしまい、活動に参加できない

・先生からが前で話している工作の指示などの言葉がわからず、一人だけ違うことをしてしまう

・みんなでルールのある遊びをするとき、ルールが分からずに、参加できない

・絵本の読み聞かせになると、お話がわからないために、どこかへ行ってしまう

 

こうした不安をなくして、安心して幼稚園へ送り出せるようにしていくのが、
この無料メール講座です。

 

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

お伝えする内容

・今うれしいことや楽しいこと、困ったことを「ふたこと~みこと」でも 相手にわかるように伝える力

・人から聞かれていることにちゃんと答えられること

・相手の話や絵本の内容をちゃんと理解できること

この3つを軸に、5回にわたり、下記の内容でお届けします。

<各回の内容>

第1回 トラブル回避!「嫌なことが相手にわかるように伝えよう」

第2回 お友達と会話出来るように 「二言三言で 相手に分かるように 楽しくお話しよう」

第3回 聞かれたことにちゃんと答えられるようにしよう

第4回 幼稚園の先生の指示が分かるようにしておこう

第5回 幼稚園で絵本の読み聞かせが楽しめるように 絵本の読み聞かせをしよう

続編 お話しの力をつけるためのこと、療育情報などを引き続きお送りいたします。

 

この無料メール講座で得られること

「言葉の遅れを改善して、安心して幼稚園に送り出せるためのこと」がわかります!

 

・一言で終わりではなく、二言三言で会話するための関わり方

・相手にわかるようにお話できるための教え方

・困ったことや自分の言い分を伝えられるようにする教え方
・人が聞いていることを理解して答えられるようにする教え方

・実際に幼稚園での友達同士や先生との会話

・家では、普段から、どんなことを子どもにちゃんと説明して理解してもらうと良いか

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

子どもが、ちゃんと相手にわかってもらえる話し方が身につき、幼稚園で困らないように、
今から準備を始めませんか。

 

無料メール講座のご登録は以下から

話しかけ方さえわかって、正しく話しかけていけば、子どもはちゃんと言葉を覚えてしゃべっていきます。
この無料メール講座で是非、子どもの言葉を引き出す、伸ばす話しかけ方を身に着けてほしいと思います。

 

お子さんによって、それぞれ効果の出方や成長の速度は違うでしょうが、お子さんの出来ないことを1つ1つ出来るようにしてあげることが、お子さんの将来の姿を作りますよ。

 

軽度な言葉の遅れを改善して安心して幼稚園へ:無料メール講座

 

▼携帯メールなどのドメイン受信指定をされている方へ▼ドメイン受信指定に、以下の2つのメールアドレスを追加してください。
free-mail-lecture★sumikawa-ayano.com
上記の★を@に変えてください。ドコモやソフトバンク、auなどの携帯電話のメールでは、受信設定をしたのに、届かない、という連絡をたくさん頂いています。
Gmailやyahooメールでご登録いただくと、届く場合が多いです。(スマートフォンやアイフォンでも設定可能です。)

▼無料メール講座は以下からご登録いただけます。