家庭療育方法

言葉の遅れがある子が今日の出来事を詳しく伝えられるために 息子を例にして

言葉が遅い子どもの場合、自分のやっていること、やったことを伝えるのが苦手。

さらに、相手に伝わるように具体的に詳しく、となると、もっと難しくなります。

関連記事>> 自閉症の子どもの言葉の理解と対処方法

 

でも、教え方や話し方次第で、理解できるようになっていきます。

関連記事>> 2歳や3歳の幼児期の言葉(遅れや出ないなど)で見直したい関わり方

 

今日は息子との会話を例に、具体的な教え方をご紹介します。

 

 

息子は放課後等デイサービスで、ボール運動をして来ます。

いろんな運動をしたと報告を受けたので、息子にどんな運動をしたのか聞いてみました。

でも、どんな風にボール運動をしたのか、具体的に言葉では伝えられず、、、

 

そこで「どうやってやったの?見せて。股の下にくぐらせてどうしたの?」と聞くと、

上手に左右の足の間にボールを八の字にくぐらせていました。

小さいころから体幹を鍛えていたため、身体もぶれずに早技です。

1から10までカウントしていました。

以下の画像は2から8のみに動画をカットしてアップしています。

 

 

「八の字にくぐらせる」

この言葉は、知らないと出ないですよね。

しかも、「八の字」と聞いても、数字の8の事だと気づくことも意外と難しいのです。

 

そこで、まずは、毛糸で八の字を作り、指でなぞり、

「8だよ、8の数字」と見せたら、「8!」と理解できました。

 

そこで、次のステップ!

毛糸の8が横向きになるように立ち、二つの輪に、左右の足をそれぞれ置いて、

左右の足の間にボールを八の字にくぐらせながら、「八の字」と教えると、

八の字にボールを動かしていることに気づいた息子は、

「八の字!」と喜んで、自分も毛糸の輪に足を入れて、ボールを八の字に動かしていました。

言葉の遅れがある子が今日の出来事を詳しく伝えられるために 息子を例にして

言葉の遅れがある子が今日の出来事を詳しく伝えられるために 息子を例にして
昔、私は、「息子にはどうせ理解できないだろう」と、色んな事を教える前からあきらめていました。

でも、「理解できないから」と私が説明をしないと、息子が自然に分かるようになる事は少なくて、

月日だけが経ってしまいました。

 

今では教え方がどんどんひらめき、教えないであきらめる事はなくなりました。

日々、ひとつずつ丁寧に教えていくと、

塵も積もればで、数年ではすごい成長になります。

 

 

しかも、特に、教えるための工夫が大変なわけでもない(*^^*)

こんな簡単な事で伝わるなら、全然苦ではないし、

むしろ、あんな嬉しそうに、八の字を覚えてくれると、

「もっと教えてあげたいな」って思ってしまいます(*^^*)

教えることが楽しくて仕方ないのです♪

 

このように、言葉が遅い子どもは、

ただ言葉で説明するだけでは理解できないことも、

ちょっとした工夫があれば理解できることも多いのです。

 

 

私がサポートしているお子さんも、

分かって楽しい、伝えられてうれしい経験を積み重ね、

ことばの遅れを取り戻して、普通学級に入られた方が何人もいらっしゃいます。

分からない事を分かるように教えていく、

その積み重ねで分かる事や出来る事がどんどん増えていくのです。

 

どうやって教えたらいいか思いつかない方のために、マンツーマンのサポートをしています。

自閉症で言葉が遅い息子を育てながら、言葉や発達が遅い子のご家族300組をサポートしてきた私が、

具体的なやり方を詳しくお伝えしています。

 

<マンツーマンのサポートプログラム「家庭療育プログラム」でサポート!>

身の回りのこと(食事・着替え・トイレ)や遊び(お絵描き、積み木、折り紙)が

まだうまくできないお子さんには

言葉の遅れがある子が今日の出来事を詳しく伝えられるためのマンツーマンサポート

子どもらしい遊びやことば・生活の力をつける:パーソナルプログラム

 

 

要求の二語文などはもう話せる、身の回りのことなどは自分でできるお子さんには

言葉の遅れがある子が今日の出来事を詳しく伝えられるためのマンツーマンサポート

子どもと話せるって楽しい!就学準備に年少から:ことばプログラム

でサポートしています。

 

やってよかった!と思っていただけるように、全力でサポートさせていただいています。

やってみたい方は、上記のリンクから、まずは無料オリエンテーションをお申し込みください。

今の積み重ねが、お子さんの将来を姿を作りますよ。

言葉が出ない・遅い相談は、澄川綾乃のことばカンタン家庭療育へご相談ください。

 

 

<関連記事>

4歳や5歳の軽度な言葉の遅れってどんなもの?