クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法

クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法

クレーン現象とは

クレーン現象とは、大人の手を物に近づけて、自分の要求を叶えようとすることで、言葉が出ない・遅い発達障害自閉症の子どもによくあることですが、幼児期の子どもは障害が無い子にも見られます。

 

バナナを剥いてほしい時に、ママにバナナを差し出すのではなく、クレーン現象でママの手をバナナの皮に近づけたり、
物をとってほしい時に、取ってほしい物に手を伸ばしたり指差すのではなく、クレーン現象でママの手をそっちへ近づけようとしたりします。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:皮をむいてほしいと大人の手を皮に近づける|澄川綾乃のカンタン家庭療育

クレーン現象の種類

クレーン現象の種類には、次のようなものがあります。
大人の手を持って行き(クレーン現象)、ジュースなどを注いでもらおうと、ジュースに大人の手を近づける。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:ジュースを注いでもらうために大人の手をジュースに近づける|澄川綾乃のカンタン家庭療育
大人の手を持って行き(クレーン現象)、皮を剥かせようとしたり、蓋をあけさせようとして、大人の手を果物や蓋に近づけようとする。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:皮をむいてほしいと大人の手を皮に近づける|澄川綾乃のカンタン家庭療育
大人の手を持って行き(クレーン現象)、取ってほしい物に近づけようとする。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:取ってと大人の手を物に近づける|澄川綾乃のカンタン家庭療育
大人の手を持って行き(クレーン現象)、絵を指差しさせようと、大人の手を絵本やカードに近づける。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:絵本の絵に大人の手を近づけ指差しを要求|澄川綾乃のカンタン家庭療育
大人の手をクレヨンの方へ持って行き(クレーン現象)、色を塗ってほしいと要求をしめす。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:塗り絵を塗ってと要求|澄川綾乃のカンタン家庭療育

大人の手を折り紙の方へ持って行き(クレーン現象)、折り紙を折ってほしい、作ってほしいと要求をしめす。

クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:折り紙を折ってと伝えようとする|澄川綾乃のカンタン家庭療育

大人の手を粘土の方へ持って行き(クレーン現象)、粘土で作ってほしいと要求をしめす。

クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:粘土で作ってと要求を伝えようとする|澄川綾乃のカンタン家庭療育

 

大人の手を積み木の方へ持って行き(クレーン現象)、積み木を積んでほしいと要求をしめす。

クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:積み木を積んでほしいと伝えようとする|澄川綾乃のカンタン家庭療育

 

大人の手を行きたい方へ押して(クレーン現象)、あっちへ行こうと要求する。普通は、自分の体が先に進行方向へ進み、うしろにいるママの手を引っ張るが、クレーン現象の場合は、自分たちは後ろにいて、手だけ前へ進めようとしたり、ママの身体を押したりするため、不自然に見える。

 

クレーン現象が自閉症の子どもや発達障害の子どもに多い原因は?

クレーン現象が自閉症発達障害の子どもに多い原因は、自閉症や発達障害の子どもの視野が狭いために、自分の要求を叶えてくれる「大人」が目に入らず、叶えている「手」のみが目に入ること、そして、言葉が遅く、言葉や指差しなどの手段で要求出来ないために、自分の要求を叶える手段として、大人の手を直接動かそうとするために、クレーン現象をします。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:絵本の絵に大人の手を近づけ指差しを要求|澄川綾乃のカンタン家庭療育

よって、お子さんがクレーン現象で要求してきたら、まずお子さんの目線の高さに合わせて、お互いの目を見てお互いを認識し合うこと、目を合わせることが大切です。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:目を合わせて視野を広げる|澄川綾乃のカンタン家庭療育

そして、クレーン現象を卒業するために、必要な言葉や指差しを教えていくことが大切です。

このように、自閉症や発達障害の子どもに、クレーン現象が多いですが、定型発達の子どもでも、クレーン現象をすることがあります。子どもの発達が心配なときは、市の子ども相談センターへ相談しましょう。

クレーン現象の対処方法 正しい言葉や行動を教えよう

お子さんがクレーン現象で要求した時、お子さんの目線の高さに合わせて目の前に座ります。
そして、お子さんの目を見て「来て」と言って見本を見せ、オウム返ししてもらいます。
それから、手をつないで一緒に、目的の所へ行くようにしましょう。
クレーン現象から指差しへ 行きたい方向を指差す

そこでお子さんがお母さんの手をクレーン現象で、取ってほしいものに近づけようとしますよね。
そうしたら、「取って」と言って見本を見せ、まねして言ってもらいます。
それから、取ってあげてください。

まずは、お子さんの気持ちを代弁して、オウム返しで良いので、その場にあった正しい言葉を言えるようにしてあげましょう。
クレーン現象ではなく指差しで伝えられるように、その時に、お子さんの手で指差しの形を一緒に作ってあげると良いですね。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:指差しが出来るようにする

この積み重ねによって、要求を叶えるためには、クレーン現象の他に、どんな行動や言葉をすれば伝わるのか覚えていきます
ちょうだい、と手を差し出す事や指さしすることなどを教えていきましょう。
無料メール講座でもクレーン現象から言葉や行動を教える方法を詳しくお伝えしています。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:要求の言葉やジェスチャーへ|澄川綾乃のカンタン家庭療育

正しい言葉や行動を身に付けていきましょう。
クレーン現象とは・発達障害や自閉症の子の特徴と対処方法:手を差し出す練習

たとえクレーン現象でも、お子さんも、要求を伝えようと頑張っています。
最初は少し大変かもしれませんが、少し付き合ってあげてください。すぐに覚えていきます。

子どもが言葉で要求を言えるように教える方法家庭療育方法についてはこちらにも書いています。
また、よく質問がある、市町村や病院が行っている療育とは?種類と意味・目的・方法・効果の違いについてもこちらにまとめていますので、参考にしてください。