自閉症の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法

自閉症の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法

発達障害自閉症の子は、目が合わない、合いにくい、目をそらす、などの特徴がありますよね。
その理由やその時の心理、そして、目を合わせるための練習方法・対処法、やってほしい6つのタイミングでの目合わせ、目が合うようになった事例について、お伝えします。

 

自閉症の子の特徴「目が合わない」理由について

発達障害や自閉症の子は、目が合わない、合いにくい子が多い理由は、「人と話をするときは目を合わせること」を知らないからです。
目が合わない子が、目を合わせた方がいいと本人が気付いてから、瞬きもしないで、一生懸命に目を合わせようとする子もいます。

目が合わないのは、話をするときに、どこを見たらいいのか分からない、という子もいます。
目を合わせたくないから目が合わない、というわけでもないんです。

自閉症や発達障害の子は、このような、大人が当たり前だと思っていることを、知らないことがたくさんありますね。

自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

 

目が合わない子には、大人が意識して「目を合わせる」ように

自閉症や発達障害の子どもと目が合わない、子どもが目をそらすと、不思議な事に、大人もその子となんとなく目をあまり合わせなくなったりします。
すると、余計に目が合わなくなります。

だからこそ、目が合わない子とは、子どもが目をそらしても、ママはきちんと子どもの目を見て話すようにしたいですね。
そして、言葉でも、「ママの目を見てお話を聞いてね」と教えてあげましょう。
自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

 

目をそらす・目が合いにくい子どもの心理

目をそらす・目が合いにくい子どもの心理は、場面によって違います。

目をそらす子どもの心理1 目をみるべきと知らない

上記に書いたように、話す時は目を見る、という、自然に身につくと思えるようなことが、発達障害や自閉症の子どもには理解できないことがあります。それで、どこを見ていいかわからないから、目をそらすことがあります。

 

目をそらす子どもの心理2 違うものに目が行く

発達障害や自閉症の子どもは、集中する力が弱かったりします。
話を集中して最後まで聞けずに、周りの物に目が行ってしまうことがあります。

自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

 

目をそらす子どもの心理3 話が分からない

話を聞いているとき、顔は向けているのに、目だけ違う方を向いていることもあります。
そんなとき、ママが話している話は、どんな話かな。
発達障害や自閉症の子は、ごく簡単な言葉が分からないことも多いです。
言われていることの意味が分からなくて困った時に、目をそらすことがあります。

自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

 

目をそらす子どもの心理4 嫌がっている

まだ難しいこと、分からない事、やりたくないことを無理やりさせようとすると、子どもは余計に目をそらします。

これらは発達障害や自閉症の子どもに限らず、幼児期の子ども全般に言えることですね。

自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

 

目が合わない子に「目を合わせる」ときに大切にしたいこと

目が合わない子や自閉症・発達障害の子どもだけでなく、人は誰でも怒られると、目をそらしたくなります
目を合わせることは、嫌なときには、したくないもの。
だからこそ、目が合わない子と目を合わせる時には、ママはいつも笑顔でいたいですね。
自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

 

目が合わない子にやってほしい、6つのタイミングでの「笑顔で目を合わせる練習」

大好きなスキンシップの時。
★朝一番の挨拶も笑顔で。
★嬉しかった時の共感のママの笑顔。
★話しかけるときは、いつも笑顔で。
★怒った時も感情的にならずに言い聞かせる。
★寝る前も安心できる優しい顔で。

いつも子どもに笑いかけると、なぜだかそれだけで、子どもが可愛く思えるようになりますよ。
自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

目が合わなくて、カメラ目線が出来なかった自閉症の息子

うちの息子も、私が目を合わせることを意識して大切にし始めてから、1年くらいで、自然と目が合うようになりました。

以前は、息子1人のアップの写真を撮ると、カメラ目線が出来なくて、不自然な写真になっていましたが、年長、小学校の頃には、カメラを見れるようになりました。
自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習
それは、息子が自然と出来るようになったわけではなく、何とかカメラを見てほしいと、「こっち見てね~こっちだよ~」と笑顔で優しく気長に誘ったからです。
自閉症・発達障害の子の目が合わない心理・理由と目合わせの練習・対処方法習

目が合わない自閉症の子どものご相談支援事例

自閉症や発達障害の子どもでも、ママがいつも目合わせを意識していると、自然と目が合うようになる子もたくさんいます。

一方、自閉症や発達障害の子どもで、小学生になって、言葉が沢山出ているのに、目が合わない、合いにくい、お子さんがいらっしゃいます。
そんな子のママと話して私が思うのは、「目が合わないのは仕方ない、個性だと思っていた」というママが多いようで、

目合わせの訓練・練習を行っていなかった方もいらっしゃるのかな、と思います。

 

目が合わない1歳の自閉症スペクトラムと診断されたお子さんも、

目合わせを毎日練習されて、1ケ月で、よく目が合うようになりました。
>>1歳自閉症のパーソナル療育プログラム「目があうようになった」「嬉しくて妻と泣いた!」
>>1歳半の言葉が遅い子のパーソナル療育プログラム「目が合うようになり癇癪が減りママと遊べるように」

 

ママから積極的に目を合わせて笑いかける事を、今日から始めてみてくださいね。

 

自閉症のお子さんの育て方の基本を文章で読む

 

自閉症スペクトラムの息子との目合わせについて 年齢ごと