家庭療育の支援事例とお客様の声

遊びもトイレも少しずつ出来るように!パーソナル療育プログラム

2歳の言葉が出ないお子さんの、パーソナル療育プログラムのご相談支援事例です。

まだ療育にも通っていなくて、何か、早くやってあげたい、家庭で出来ることがあれば、と家庭療育を始められました。

 

先月から、トイレトレーニングを始めました。

最初は、トイレの中に手を入れていましたが、トイレに手を入れ無くなり、

おしっこが出たときに、どや顔をするようになりました。

 

前は絵本を噛んでいましたが、絵本も噛まなくなって、見れるようになってきたそうです。
また、めくるときも、パラパラめくるばかりではなく、ちゃんと見れるようになってきたそうです。
「金魚はどこ?」と聞くと指をさせることが増えたそうです。

トイレも遊びも少しずつ出来るように!パーソナル療育プログラム

形はめは好きで、はめることができます。

ジグソーパズルも、はめる場所を理解し、そのあたりに置けるようになりました。

粘土遊びは、前はできなかったそうですが、今日、一緒にやると出来ました。

トイレも遊びも少しずつ出来るように!パーソナル療育プログラム

お着がえを、いつもママがやっているそうなので、教室でお子さんに教えたら、

手でもってズボンを脱いだり、シャツを自分で外すことができました。

ママは、「出来ないと思って、教えていなかった」とびっくりされました。

 

出来ないとおもってやらせていない、どうやって教えてよいのかわからない、

だけど、教え方がわかれば、お子さんも自信を持って出来るようになっていきますね。

 

そのお手伝いをしています。