多語文とは?言葉が遅い子が長くお話できるために三語文をつないで話そう

多語文とは?言葉が遅い子が長くお話できるために三語文をつないで話そう

多語文とは

多語文とは、2歳6ケ月頃から出る言葉で、三語文より単語の多い文は、四語文などとは言わずに、多語文と言います。

三語文の後 多語文でお話するために

多語文での話しかけをしよう

ママに大きい車ちょうだい、など、形容詞を入れて話しかけるようにしましょう。

三語文の後 長い文でお話するために 三語文を繋いでお話ししよう

◆シンプルな事実や、因果関係のある2つの三語文を繋ぐ

ママ お風呂 入る/ぼく お風呂 入る/
かきごおり おいしい、もっと たべる/
ぼく のど かわいた、ぎゅうにゅう のむ ・・・など。

三語文が言えるようになれば、一通り、会話が出来ます。
基本的な文構造をマスターしたと言っても過言ではありません。

よって次は今までマスターしたことを沢山使って、使いこなすこと、それを繋げて文章っぽく話をすることを目標にしましょう。

教えるときは、お手本を見せて模倣させることから始めてください。
次第にお手本が無くても自分で言えるようになります。自分の言葉として吸収した証です。

 

【保育士監修】多語文の会話から説明へ 相手に伝わるように上手におしゃべりしよう

普段の声掛けを少し工夫するだけで、子どものことばを引き出していく方法を、子どもの発達段階に分けて、保育士監修の無料メール講座(メルマガ)でご紹介しています。

▼自分の要求は言えるけれど、共感の会話ができなお子さんにはこちら

安心して幼稚園に送り出せる「お話しする力の育て方」はこちら

おしゃべりが上手になると、お友達とも園でお友達ともっと楽しく遊べるようになりますよ。

 

▼よく喋るけれど、話がうまく伝わらない、今日の出来事を報告できないなどのお子さんにはこちら

安心して小学校に送り出せるお話しする力の育て方

子どもが学校の様子やお友達とのトラブルを家で話してくれたら安心ですね。

 

多語文でお話できるようになったご相談・支援事例

>>4~5語で話すことが増えてきました。言葉集中療育プログラム
>>「長文を話したり、お友達と遊べるように」パーソナル療育プログラム
>>「以前とは比較にならないほど、よく話すように」6歳の子の言葉集中療育プログラム

ご家庭でできる家庭療育方法
ことばの遅れとおとなしいや無口との違いって何?ことばが遅れると何が困るの?