家庭療育方法

発達障害や言葉が遅い子の多くはお絵描きが苦手!その理由は?

発達障害や言葉が遅い子の多くはお絵描きが苦手!その理由は?

言葉が遅い子どもや発達障害の子どもの親さんをサポートしていると、よく、
「うちの子はお絵描きが好きじゃないみたい」とお聞きします。

 

そうなんですよね。でも、それ、「うちの子は」、じゃなくて、
発達がゆっくりな子どものほとんどが、お絵描きが苦手で、嫌いです。

 

まれに、お絵描き大好きなお子さんもいらっしゃいますが、
1歳、2歳、3歳前半の頃は、ほとんどのお子さんが、お絵描きが嫌いです。

 

それには、実は、発達がゆっくりな子どもの特徴と関係あって、当然のことなんです。

その理由を説明していきます。

 

お絵描きが苦手なのは「小さなものに目がいかないから」から

発達がゆっくりな子どもは、目で見る力も定型発達の子どもより遅れていることが多く、

物の動きを目で追ったり、小さいものを見て理解したりすることが苦手です。

段ボールのような大きなものを見ることは得意だけれど、

積み木やレゴブロックのような小さなおもちゃにも興味が持てないお子さんもいらっしゃいます。

小さなおもちゃでも興味がないと、二次元である平面の絵には、もっと目に入りずらいんです。

 

 

お絵描きが苦手なのは「見立てることができない」から

人間が絵を見て何を書いたか理解できるのは、目で見たものを脳で立体に置き換えて想像しています。

絵を見ても、想像ができないと、絵だと認識できず、

絵にかいてあるものが、ただの線にしか見えません。

このように、絵を認識するには、絵から想像する、見立てる力が必要になります。

カンタンな絵からやっていくと、見立てる力がついていきます。

 

お絵描きが苦手なのは「ただの食わず嫌い(やろうしない)」「面白さが分からない」だけ

このように、いろんなむつかしさがあるお絵描きです。

最初は苦手意識を持ちます。

発達がゆっくりな子どもにこだわりがあるのは、

よくわからないものへの抵抗、恐怖心があるから。

それで、自分の理解できないことに、大きく反発します。

経験して何をするか見通しが持てるようになると、苦手意識もなくなっていくので、

最初のとっかかりがうまくいけば、その先は苦手意識はなくなっていきます。

<関連記事>

>> 自閉症の子のこだわり行動とは?こだわりを減らして生活しやすくしたり子どもの興味を広げるには

>> 発達障害や自閉症の子の行動:並べることから遊びへ発展させる対応方法

 

お絵描きが苦手なのは「手先が不器用でうまくかけない」から

言葉や発達がゆっくりな子は、手先が不器用なことも多いです。

手先が不器用だと、うまく描けず、うまく描けないから面白くない、となってしまいます。

うまくできないからやらない、やらないからうまくできない、と悪循環になってしまいます。

これもどんなことにも共通することですが、

いろんなことを小さな成功体験の積み重ねで、苦手意識を持つ前に、

出来るようにしてあげると良いです。

<関連記事>

>> 手先や体の動きが苦手の感覚統合とは?どうして困るの?家庭での改善方法は?

お絵描きが上手になるとどうなるの?

お絵描きが上手になると、こんないいことがあります。

・幼稚園での離席がなくなる

・集中力がつく

・絵を見て会話につながる

・小学校で字が上手になる

お絵描きをどう教えるの?

お絵描きは練習で上手になります。
練習してくれるかどうかも、誘い方次第。
出来ないとあきらめていると、どんなことも進んでいきません。

 

ご家庭の中で、1日10秒でも20秒でも、できるペースでやっていくと、

塵も積もれば山となる、で、ちゃんと上手になりますよ。

誘い方のコツなどは、こちらで詳しくご紹介しています。

お絵描きの発達の順になっているので、無理なく教えていくことができますよ。

コツを知って、楽しくお絵描きをしていってほしいと思います。

>>自閉症や発達障害の子どもはなんでお絵かきが苦手なの?お絵かきを教える方法

 

お絵描きに限らず、やったことがないから嫌い、うまく出来ないから好きじゃないってこと沢山ありますよね。

でも、子どもはちょっと苦手なだけで、別に好きじゃないわけでもない、

みんなと同じようにうまくやりたい、と思っていることも意外と多いものです。

<関連記事>

>>家庭療育プログラムの感想と効果「娘には早い、好きじゃないと私が勝手に思っていました」

 

ことばが遅い子どもは、いろんなことを、教えて練習したことは身についても、
自然にはなかなか成長していかないこともありますよね。

 

【保育士監修】オウム返しから会話へ 言葉の力をつけよう

普段の声掛けを少し工夫するだけで、子どものことばを引き出していく方法を、子どもの発達段階に分けて、

保育士監修の無料メール講座(メルマガ)でご紹介しています。

▼言葉が出ない・自分の要求が伝えられないお子さんにはこちら

ちょうだいから三語文まで発語を促すカンタン家庭療育

子どもが生活に必要な「ちょうだい」「いや」「おしっこ」「もっと」などの言葉で伝えられるためのママの関わり方を1つずつ丁寧にお伝えしています。
ことばで伝えられると、癇癪やパニック、叩くなどの不適切な行動もなくなって、ママも楽になりますよ。

 

▼自分の要求は言えるけれど、共感の会話ができなお子さんにはこちら

安心して幼稚園に送り出せる「お話しする力の育て方」はこちら

おしゃべりが上手になると、お友達とも園でお友達ともっと楽しく遊べるようになりますよ。

 

Line@で情報配信中

言葉が出ない・遅い子のママにありがちな間違った話しかけ方3つお伝えし、
何がいけないのか、良い話しかけ方はどんな風なのか、例をあげながら、
子どもと楽しく会話する方法の限定動画をプレゼント!
2歳言葉が出ない3歳片言・言葉が遅いと気づいた時に見直したい関わり方:Line@

 

療育へ通っても言葉が出ない、増えないお子さんのご家族のために、ご家庭で出来る、子どもの言葉や発達を引き出す方法を以下の2つの家庭療育プログラムでお伝えしています。
▼身の回りのこと(着替え、食事、トイレ)がまだ自分で出来ない、
まだ言葉が出ない、出ているけれど単語、二語文が少し、というお子さん向けはこちら
家庭療育プログラムの感想と効果:パーソナルプログラム

 

▼要求の二語文が言えるお子さん、
よく喋るけれどうまく文章にならないお子さん、
会話のキャッチボールが難しいお子さん向けはこちら

 

▼小学校の普通学級や支援学級に通っている、
特別支援学校に通っているお子さん向けはこちら

 

お子さんの言葉が出ない、遅いことは、澄川綾乃のことばカンタン家庭療育へご相談ください。