ご相談支援事例とお客様の声

折れ線型自閉症ではないかと言われた2歳の子の家庭療育プログラム:言葉が出て 目が合い 遊びも乗ってくるように!

折れ線型自閉症ではないかと言われた2歳のお子さんの、
家庭療育のパーソナルプログラムのご相談支援事例です。

 

これまで無言で遊んでいる状態だったそうですが、
何かしてほしいときに声が出るようになってきました!

 

言葉をぽつぽつ言うようになったそうです!
「あけて」
「これ」
「くっく」
「ぱかっ」
ご飯の時に、「まんまんまんまん」

 

音のバリエーションも増えたとママが喜ばれています!
「が」、「だ」、「まんま」、
「かっか」、「くっく」、みたいな音も出てきました。

 

前はママのスマホばかり見たがっていたのが、
最近はママの顔を自分の方へ近づけるようになり、
人への興味が出てきました。

 

ボールの転がし合いのときに、手を出して私の方へ
上手に投げられるようになってきました。
家庭療育のパーソナルプログラムで言葉が出て 目が合い 遊びも乗ってくるように!

 

そして、
褒められると喜ぶようになりました。
うれしそうに笑うようにもなりました。
子どもらしい表情をするようになって、ママも喜んでいらっしゃいます。

 

ママ以外の目もよく見るようになりました!

 

「できた」、のタッチの後に、顔を見てにこっと笑うと、
子どもも私の顔を見て「にこ」っと歯を見せて笑ってくれました。

 
誘った遊びにも、一通り乗ってくるようになり、
どんなことでも教えやすくなりました。
そして、遊べるようになると、子育ての充実感も出てきますね。

家庭療育のパーソナルプログラムで言葉が出て 目が合い 遊びも乗ってくるように!