効果とお客様の声

言葉が遅い子の改善事例 会話が増えて幼稚園でも言葉で伝えられるように

言葉が遅い子の改善事例 会話が増えて幼稚園でも言葉で伝えられるように

 

今年も解決事例やノウハウ伝えていきます!一緒に子どもの成長を引き出しましょう

 

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします

 

今年も私の経験やお客様の事例から
本当に伝えたいことを伝えていきたいと思っています。

 

だから内容は結構ハードなものもあるかもしれませんもし、
重いなあちょっと読むの辛いなと思った時は休んでもらって
また必要な時に読んでほしいと思います。

 

困り事があるけれど、どうしたらいいか分からない。
みんながうまくいっているようでうらやましい。
何てことあると思います。

 

でも、みんなそれなりに苦労してます。
自分一人だけ大変、じゃないですから、大丈夫。
みんなそれなりに乗り越えています。

 

きっと道はあります。それを伝えていきたいです。

私やお客様の失敗談、成功体験、をみなさんの役に立てて頂けたらと思います。

 

今日は、年末にいただいた成長事例をお伝えします。

言葉の遅れの改善事例1 年長さん プログラム受講後のアンケートより

【動画プログラムを受講後の子どもの成長・出来るようになったこと】

〇子どもの成長・出来るようになったこと

よくしゃべるようになりました!
最初は幼稚園で助詞が言えていないと言われていたのに、
年長さんが順番にやる代表挨拶を
息子もみんなと同じようにやることが出来ました!

 

発表会では朗読を1分程度出来るまでに成長しました。
とても自信をもって朗読をしており、私も嬉しかったです。
まだ瞬時に言葉が出なくて喃語になってしまうこともありますが、
伝えたい気持ちがとても伝わります。

 

〇言葉の力はどのくらい伸びましたか?

困りごとは解決しましたか

言葉にも興味が出ていて、
どういう意味?と質問したり、
教えてもらった絵辞典はお気に入りです。

幼稚園の様子も言葉だけで、
私が理解できるくらいの説明が出来るようになっています。

何を聞いても分からないと言っていたのが、とても減りました。

 

お友達には嫌な事を伝えられず、
相手が意図をくみ取れないような表現をするので困っていましたが、
言葉で伝えられるようになってきています。

 

又、新しく出会った子たちの中にも入ろうと努力したり、
でも入れず涙を堪えて、
その場から離れ時間を置いて再度挑戦するなどの姿もありました。

 

この時は私でも悲しくなる言葉を言われていましたが、
それにも負けずに仲良くなれるよう色々提案し、
最後は仲間に入れている様子を見て、
この子は大丈夫だと思え自信を持てました。

 

困りごとは年齢が上がる事に複雑な会話を求められるので、
完全になくなったわけではないですが、
私たちの自信に繋がりました。

 

今、色んな話が出来るようになり、楽しいです。
息子からも「ママも僕に言わんと!(話さないとダメだよ)」と
言われているくらいです((笑)

 

半年前は何を話そうかなと毎回考えたり、
会話が全然続かないとへこんだりしていたのが、
嘘のようにストレスがなくお話しています。

 

【プログラムの効果について】

〇期待した効果は得られましたか

期待以上でした。

 

最初は息子が半年でここまで話せるようになるのか?と
半信半疑でスタートしましたが、
息子がとてもおしゃべりを楽しんでくれていて
私も楽しめました。受け身で話しが出来ないと思っていましたが、
本当は色々話したかったのだなと気づけた事もよかったです。

 

【プログラムの内容 やりやすさ・気づき】

〇プログラムは取り組みやすいものでしたか?
何がやりやすかったですか。

 

毎回テーマがある事がやりやすかったです。

 

会話でもどこから何をしたら良いかなどが分からず、
全部一気にやっていたんだなと気づけました。

 

インプットやアウトプットに時間がかかる息子にも
テーマごとの関わりは合っていたみたいです。

 

動画も分かりやすくて、
文章では読み取れなかった事なども気づけて
ノートにメモをするなどをしてインプットしていけました。

 

日々の忙しさから
動画を見る時間が限られたりするので
何度でも見れるのも私にはよかったです。

 

中々取り組めなかったのが遊びなどでした。

時間がなくても言葉は関わりを頭に入れていつでも出来たのですが、
一緒に作業する機会を毎月テーマに沿ってやるのは難しかったです。

 

ただ、何をしたら言葉に繋がるかを教えてもらえているので、
これからも出来る事なので、ゆっくり取り組んでいきたいと思います。

 

【プログラムで気づきはありましたか?】

 こんなことで子どもが伸びるんだ、これは気づかなかったなど。

 テーマ事にかかわることで、伸びるのだと知れたことです。
スモールステップのようで私たちにはとても合っていました。
 

【動画プログラムを受講して 現在の状況】

今は半年目で終わりを迎えています。
息子も私も話す事を楽しめています。

幼稚園で人前で話す機会を与えてもらえることと
家庭療育が重なり、
タイミングが良く息子の自信に繋がっているところです。

 

小学校に向けて家庭療育を受講しましたが、とても良かったです。

 

【お子さんの今の困り事や今後の課題と思っていること】

瞬時に言葉が出ない事があり、
その場から去る、喃語になる、フリーズするなどはまだあります。

話す時に顔を見ない、言い逃げをするなど課題となることはあります。

小学校に上がり、学習面にもどのように課題が出てくるのか不安はあります。

 

ニュアンスの分かりにくさなどもありますが、
これからも丁寧に声掛けをしていくことを大切にしていきたいと思います。

【最後にメッセージがあればお願いします】

質問にもご丁寧に答えて頂き、支えになりました。

明確に答えて頂けるのでとても参考になりました。

 

新しい気づきも多く、動画や質問がとても良かったです。

今までも色々やって成長もして来ていましたが、
言葉がなかなか伸びなかったので、
こんなに成長を感じられるのがとても嬉しかったです。

 

親子で自信に繋がると子どもを見る視点が
〇〇が出来ないから〇〇も出来てるに変わった事に気づけました。

発表会の朗読もとても立派でした。
でも実はそわそわ落ち着きはなかったんです(笑)

でもその場に立っていられた事、
大きな声で自信をもって朗読出来たこと!

それがすごいと思え、落ち着きのなさはちっぽけな課題に見えました。

 

私の視点を変えられた事も家庭療育をしてよかったと思えたことでした。
ありがとうございました。

 

言葉の遅れの改善事例2 年長のお子さんの事例

幼稚園の自由時間にトナカイを作ってきました。
家でそれにブロックでソリを作ってセロテープで貼って、
雪だるまやサンタの格好をしたキツネ、恐竜を乗せて
「トナカイ、夜。」と言ってそれを持って走らせてました。

 

私が「これ何作ったの?」と聞くと
「ソリ作ったの」と答えてくれました。

「ほら、見て。恐竜も乗せたの」と言うので
「恐竜も乗せたら恐竜に食べられちゃうよ」などと言ったりして、
以前より会話のキャッチボールができるようになったな、と感じました。

園の帰りに「キリンさん、ストローで作ったの」と言っていて、
家に帰って袋から出して見せてくれました。
自分的にも自信作だったようで、
その3日後くらいにあった療育の先生にも
「幼稚園でストローでキリンさん作ったの」と一生懸命説明していました。

最近の幼稚園の様子を担任の先生に聞いたところ、
色々なお友達の名前がよく出るようになり、
自由遊びの時間はお友達と鬼ごっこをやったり、
ドッチボールをやったり、
お友達との関わりが以前にも増してすごく増えたと聞きました。

ドッチボールはまだルールがよくわかっていませんが、
お友達に教えてもらいながら
一緒に遊ぶことを楽しんでいるようです。

幼稚園で注目行動的なことをしているという事は、
ここのところしばらく聞いていないので、
お友達との関わりがそれだけ楽しいんだなと感じました。

 

おしゃべりをすることがとても上手になったので、
それだけお友達と関わることも楽しいと感じられるようになったのだなと思いました。

 

澄川先生に1年程お世話になり、
私自身学んだことがたくさんありました。

澄川先生にご指導いただく前は
自分なりに子供が楽しめるように工夫しながら、
言葉を増やすように努めておりました。

 

少しずつ話せるようになってはいたものの、
なかなか現実的には厳しいものがありました。

 

でも、澄川先生のプログラムはとても丁寧で分かりやすく、
こういう場合はこういう風にやるとよい、と
具体的に教えてくださるので、
すぐ家庭に取り入れることができ、

 

私1人で何年もかかって引き出していた言葉が、
ほんの数ヶ月でみるみる増え、

幼稚園や療育先から
「たくさんしゃべれるようになりましたね」というお言葉を
たくさんの先生方からいただき、
家庭療育の効果を実感しました!

 

澄川先生のプログラム効果は子どもの成長だけにとどまらず、
親の私をも成長させてくださいました。

 

澄川先生から「よく頑張っていますね」「すごいですね」など
色々と褒めてくださることで、
自分の自己肯定感を上げることができました。

 

大人になり親になると、
褒めることはあっても褒められることはそうそうありません。

 

なので澄川先生が褒めてくださって、
とても嬉しくもっと頑張ろうという気持ちになり、
その頑張りが子どもの成長にも結びついていったように感じます。

 

また、色々親身になって相談に乗ってくださるので、
困ったことがあると
「澄川先生に相談しよう」と思い、
頼れる存在が私にはいるんだととても心強かったし、
それまでは色々な方に相談しても解決しなかったことが
澄川先生に相談すると具体的な解決策を教えてくださるので、
1つ1つ解決して前に進んでいる、という実感もありました。

 

息子と私の成長は澄川先生なしには語れません。

いつも的確なアドバイスありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

 

 

澄川綾乃のことばカンタン家庭療育 サービス内容はこちら

 

人の説明を理解して聞ける、必要な会話が出来る事を目指してサポートしています。

まだ二語文が出ていない子・言葉以外に身の回りの事がまだ出来ない子の家庭療育のサポートは「ベーシックプログラム」

ある程度話せる子の家庭療育のサポートは「ことばプログラム」

小学生の子の家庭療育のサポートは「小学生向けプログラム」

 

 

<関連記事はこちら>