ご相談支援事例とお客様の声

あけての「あ」がマネできた パーソナル療育プログラムの無料オリエンテーション

3歳の発達障害(自閉症、多動、軽度知的障害)のお子さんのご相談支援事例

自閉症多動性障害発達障害)の軽度知的障害の3歳のお子さん、
パーソナル療育プログラムでどんなお手伝いが出来そうかをお話するために、無料オリエンテーションをしました。

お子さんに、遊びの中での声掛けや、椅子で座ってできる遊びやお勉強を試しながら、どんな力が今伸びそうかを探ります。
カンタン家庭療育 無料オリエンテーション
カンタン家庭療育 無料オリエンテーション

座ってもらって、カードを出したらちゃんと見てくれる。

動作のまねっこ(動作模倣)もしてくれる。
言葉が出ていなくても、音の真似(音声模倣)が出来始めているお子さん。
こちらの言う音の真似がなんとなく出来ていました。

それで、あけての「あ」も見本を見せるとまねできました。
言葉の一部をオウム返しすることができたんです。

喃語から言葉に発達していく予感。

 

  • >> 3歳で喋らない子どもの様子・特徴
  • >> 3歳家庭療育で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴
  •