家庭療育の支援事例とお客様の声

言葉が遅い子も「会話が出来た!」パーソナル療育プログラム

言葉が遅い3歳の子のご相談支援事例

お夕飯のときに、羽根つき餃子の羽根の部分をつまんで、『なにこれ!』と言ったのにびっくりしました。
『餃子の羽根だよ』と答えました。
そしたら、『わぁー!美味しそうだなぁー』と言って、やりとりが続いたことに感激しました‼︎

 

あと、『どっち?』『こっち!』や、パックジュースのストローも上手になりました。

 

月に2度、民間の個別療育に行っているのですが、その先生からも『言葉が増えましたね』と嬉しいお言葉を頂きました。

 

綾乃さんのおかげでここまで来れました。
本当に感謝しています。ありがとうございます。

こんな成長ぶりをお伝えしてくれたのは、パーソナル療育プログラムを始められて2ケ月目の3歳のお子さん。

先月に、質問に全然答えられないと相談を受けていたのに、質問にも答えられるようになってきて、会話にまで発展していきました。
カンタン家庭療育 会話が出来た

言葉が遅いと悩む間に、言葉を引き出して上手に使えるように教えていくことができます。

家庭療育のメリットは、お母さんが毎日教えられること。

そして、なんて言ったって、お子さんが一番信頼しているのはお母さん。
だから、自分の気持ちもわがままも、素直に言う事が出来る、だから早く言葉として出てくるんですね。

 

>>3歳家庭療育で言葉が出た!自閉症スペクトラム・軽度知的障害の息子の3歳の頃の様子・特徴

そして、通う療育のように、決められた時間のみ行うのではなく、お子さんに分かりやすい教え方をお母さんが身に付けるので、毎日、自然な育児の中で療育ができるんです。

そんな家庭療育をバックアップしています。あなたも始めてみませんか。

 

言葉が出ない・遅い・発達障害・自閉症の子の言葉や発達を促す育て方をお伝えします

言葉が出ない・遅い・発達障害言葉が出ない・言葉が遅い発達障害自閉症の子どもの発達言葉の発達を促す育て方:家庭療育の方法をお伝えします。

2つの家庭療育プログラムでバックアップしています

パーソナル療育プログラム言葉集中療育プログラムでバックアップしています。

無料オリエンテーションで、お子さんの様子を拝見したり、聞き取りしたりしながら、あなたのお子さんにどんなプログラムが出来るかご説明しています。(岐阜県岐阜市)

遠方の方はSkypeでご相談頂けます。
日本国外(海外)在住の方からもお問い合わせいただいています。

まずはご相談ください。
子どもが出来るようになると、ママも育児に自信が持てるようになりますよ。