会話が続かないのはなぜ?どうしたらいい?子どもの言葉の遅れについて

会話が続かないのはなぜ?どうしたらいい?子どもの言葉の遅れについて

こんなお悩みはありませんか?

 

「何してるの?」と聞けば、「・・・してる」と答えてくれる。

「園で何した?」と聞けば、言えることも増えてきた。

自分発信の言葉もどんどん増えてきている。

でも、会話が続かない。なんでだろう。

って思う事はありませんか。

 

 

軽度な言葉の遅れの相談で、こういう相談、よくあります

なんで、会話が続かないか、お書きしたいと思います。

 

子どもとする「続く会話」をママはイメージできていますか?

お子さんと、どんな会話がしたいですか?

今、お子さんが「・・・してる」「・・・した」と言った後、

どんなふうに、もっとお話ししてほしいんでしょうか

 

子どもは、大人が話すことをまねして、話せるようになります。

生まれ持って、話す言葉をもって生まれては来ません。

 

だから、お子さんがまだ会話が続かないうちは、

お子さんとしたい会話を、ママが話してあげる必要があります。

でも、それをママ自身が思い浮かべれていなければ、

話してあげられないですよね。

 

沢山のママの支援をしてきて思うのは、

ママ自身 続く会話をイメージできていないということです。

私もそうだったのでよくわかります(;^ω^)

なので、子どもとの会話を、

しっかりイメージできるようになってほしいと思います。

 

 

子どもとする「続く会話」ってどんな会話なの?

何してる?というのは、していることを一言で話すこと。

そういう会話だと、一言で終わってしまいますよね。

 

そういう会話をいくら続けていても、

それ以上、うまく話せるようにはなりません。

それは、具体的な内容の会話をしていないからなんです。

 

続く会話というのは、

やっている事ややった事について「どうやってやっているのか」という

英語で言う「HOW」の部分を具体的に会話することです。

 

園の出来事であれば、

お面作った、という報告だけではなく、

どんなお面を作ったのか、それをどうするのか?

お面を節分の日にみんなでつける、など。

というのが、具体的な会話です。

 

こういう内容を話すと、会話が続きますよね。

 

ママが分かることから「続く会話」を

でも、園の出来事などは、一緒に経験していないので、

具体的なことまでは、なかなかわからないですよね。

そうすると、結局、一言で終わってしまい、

会話が続きません。

だから、一緒に経験していることから

お話ししてあげてくださいね。

子どもは、大人が話している言葉を聞いて、

どんな風に話すのか、覚えていきます。

普段一緒にしていることを、具体的に

お話ししてあげるようにすると良いですよ。

 

子どもと話すのが苦手、

具体的にって、どう話せばいいの?

という方をサポートしています。

一人ではなかなかうまくいかない方は、ご相談くださいね。

 ↓  ↓  ↓

サポートはこちら

 

まだ二語文・三語文があまり出ていない方はこちらのプログラムがお勧めです。

 ↓ ↓ ↓

子どもらしい遊びやことば・生活の力をつける:パーソナルプログラムはこちら

 

小学生用のプログラムもあります。

実績のあるノウハウを知ってやっていきたい方は、
【保育士監修】300組の親子の実績がある私達にご相談くださいね。