発達障害や自閉症の子の行動:つま先歩きの原因と対処法:感覚統合の改善

つま先歩きが自閉症の子に多くみられる理由

発達障害自閉症スペクトラムの子どもなどの発達がゆっくりな子は、ハイハイが遅れる、歩くのが遅れることがあります。
また、歩き始めの頃は、爪先歩きをする子も多いようです。

原因は、末端神経の未発達によるものと言われ、感覚統合の問題ということができます。

 

つま先歩きの子にしてあげたいこと・対処法

マッサージ

お風呂で足をマッサージしてあげましょう。
特に、指先一本一本を軽く引っ張り、くるくる回して刺激してあげると良いでしょう。

 

いろんな歩きにくい上を歩く

つま先歩きだと転びやすいので、注意してあげましょう。
いろんなところを歩くことによって、足の機能が発達します。
児童館のソフトブロックを並べてその上を歩いたり、家で布団の上を歩いたりすると良いですよ。
長良医療センター作業療法 つま先歩き対策

また、つまさき歩きをよくするお子さんは、アスレチック遊具で身体全体をよく動かして遊ぶことも効果的です。
長良公園(岐阜市)の低いアスレチック遊具

 

つま先歩きだけで自閉症とはいえない 自閉症のほかの特徴

自閉症の特徴は、「言葉の遅れ」、目が合いにくいなどの「社会的関係の形成の困難さ」「こだわり」の3つの症状で診断されます。
社会的関係の形成の困難さとは、目が合いにくかったり、相手の立場に立って物事を考えられなかったりすることです。
▼詳しくはこちら
>>

また、全部に該当しなくても、発達障害に当てはまることがありますので、気になるときには、市町村の保健所に相談しましょう。

 

<お役立ち情報>

発達障害や自閉症・言葉が遅い子どもを育てるための情報をまとめています。

家庭療育方法一覧はこちら

言葉、遊び・お勉強、人との関わり、指先・運動、身の回りのこと、などに分けて、具体的な関わり方を書いていますので、是非参考にしてくださいね。

 

福祉制度情報や自閉症の子どもの悩みについてはこちら

療育にはどんな種類があるの?言語療法って何をするの?自閉症の診断ってどんな意味があるの?お耳の検査って何するの?そんな疑問に1つずつお答えしていますので、わからないことがある方は是非、チェックしてみてくださいね。

 

自閉症の息子の育児ブログはこちら(0歳から幼児・小学生まで)

家での様子、保育園での様子や小学校での様子、先生方が工夫してくださったこと、お薬の話、など、年齢ごとにまとめていますので、参考にしてくださいね。

 

発達障害や自閉症・言葉が遅い子どもの出来ないを出来るに変えるお手伝いをしています。療育だけでは物足りない方、家でもなにかしてあげたい方は、澄川綾乃のことばカンタン家庭療育へ是非、ご相談ください。