ご相談支援事例とお客様の声

一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想

一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想

言葉が遅い6歳の子のママより
ことばプログラムを1年間(年長~小学校1年生)続けられた感想

 

プログラムによる成長

DVDを一緒に見て、雑談ができるようになりました!!
内容を私に説明してくれるようになったんです。
テレビでアイドルの衣装が変わったことなど、
見ていることを話しかけてくれるようになりました!

 

以前は、話しかけても無反応で、とてもむなしい思いをしました。
一緒にいるのに一人でいるようなさみしさがありました。
でも、今では、一緒に思いを共有できるようになって、
娘といるのが楽しくなりました。

 

一緒に夏休みの計画も立てています。
「こんなのどお?」って聞くと、
「やってみる!」と張り切っています。

 

最近は自信もついたようで、
この前は付き添わなくても集団登校をすることが出来ました!
自分で学校に行ってくれると、楽になりますね。

一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想

 

プログラムの開始前:言葉の遅れについて

無料メール講座:就学に向けたお話する力の育て方が効果がありました。

楽しく会話が出来るようになりました。

「どこに行ったの?」→娘「海!」
「誰と行ったの?」→「ママとパパ」
「海どうだった?」→「キレイだった!」

「美味しいもの食べた?」
「海ぶどういっぱい食べた」

 

園でカレーを残したと聞いたので,
母「なんでカレー残したの?」
「なすヤダった」というのも最近ありました。

一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想
でも、
「なんで?」の質問には、
このような単純なことだと答えられるけれど、
そのときの状況や様子を説明するようなことだったり、
普段聞かない事には答えてくれませんでした。

それに、園の出来事も、簡単なことは言えるけれど、
説明して、となると、うまく説明できません。

 

このサービスを受けようと思った理由

言葉が遅れていて、
ひっこみじあんな女の子で、とても心配していました。

この臆病なところも、
言葉が出ていないからだろうと分かっていました。

 

言葉が出てこれば、問題は解決していくと思っていたので、
言葉が出るようにしてくれるところを探していたけれど、
言葉に特化したものはなかなかありませんでした。

 

澄川さんのホームページを見つけて、
無料メール講座を試してみると、生活に即した方法でした。
生活とかけ離れたところだと続かないだろうから、
この方法なら、続けられそう、と思いました。

娘もとてもうれしそうだったので、
この方法なら出来るかも、と思いました。

 

遠方だったので、教室まで行くことは出来ませんでした。
またパソコンが無く、Lineも使えなかったので、
ビデオ通話なども出来ませんでした。

それで、
子どもの様子を直接見てもらうことは出来ず、
電話で対応していただきましたが、
娘の様子や、好きなことを丁寧に聞き取りしてくださって、
こうすればいいと、丁寧に教えていただけました。

 

思い切ってコンタクトをとってよかったと思いました。
一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想

 

このサービスでよかったことは何ですか

プログラムの内容が良かったです。
生活の中で無理なくできました。

娘が一生懸命話してくれるようになりました。
ずいぶん話ができるようになったと思います。

 

それから、サポート体制が良かったです。
月に1回のプログラムと、
月2回までのヒアリングシートだったので、
澄川先生と密に連絡を取ることができ、
1年間頑張ることができました。

 

この家庭療育プログラムを始めたばかりの頃は、
娘の反応も無くて、
教えることがむなしい気持ちの時期もありました。

 

でも、教えたことを娘が自分の言葉として使うようになって、
「あ!私が教えてきたことだ!頭にはいってたんだ!!」
とわかり、とてもうれしくなりました。

私が教えていないことも、沢山喋ってくれるようになりました。

 

きっと、一人で家庭療育をやってたら、くじけていたと思います。
無反応の娘に話しかけたり、何度も教えたり、
先が見えないときもあって、つらくなることもありました。

 

でもそんなときは、毎月1回のプログラムの日に弱音を吐いたり、
途中のヒアリングメールで
励ましの言葉をもらい、くじけちゃいけないと、
頑張ることが出来ました。

 

お会いしたこともなかったけれど、電話やメールで、
一緒に伴走してもらってる感じで、
とても心強かったです。

一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想

軽度な言葉の遅れのお子さんは、
自分の頭の中に、しゃべりたいことをたくさん持っています。
それを自分でうまく文章にできないだけです。

 

手助けしてあげると、どうやって自分が言いたいことを文章にするのかが、わかってきます。
そうすることで、自信が持てるようになります。
お友達同士の喧嘩を自分達で解決できるようになったり、

 

子どもがうまくおしゃべりできるように教えてあげたい方、
一人でやってもなかなかうまくいかない方は、ぜひご相談ください。
家庭療育プログラム:ことばプログラムで、マンツーマンのサポートをしています。

 

言葉の力がつくと、小学校でも授業が分かり、学校が楽しくなりますよ。

一人だったらくじけていたかも:お喋りが上手になった1年生のママの感想