ご相談支援事例とお客様の声

言葉が出ない4歳の子の家庭療育プログラム「パーソナルプログラム」

言葉が出ない4歳の子の家庭療育プログラム「パーソナルプログラム」の支援事例です。

 

3歳の頃に立てるようになったお子さんで、発達全体がゆっくりだそうです。

「喃語ばかりで、単語が1つも出ていない。言葉の引き出し方を具体化に知りたいです。」とお問い合わせをいただきました。

 

<関連記事>

 

<ご様子>

口の筋肉が緩いようで、舌がよく出ています。
でも、何か言おうとしたときによく出るようです。
顔真似などしようとしたときによく出るし、
何もしていないとき、出ていないこともよくあって、
顔を自分なりにまねしようとしているんじゃないかと思います。

 

絵本を取ってほしいときに、「これ!」って言っってくれました!
他にもよく聞いてあげれば、言っている言葉があるかもしれないですね。

喋りはじめの子どもは、発音が綺麗に出せないため、

大人が一生懸命聞いてあげないと、言っていても聞き取れないことがあるんです。

 

 

遊んでいる最中も、よく手をひらひらさせます。

手をひらひらさせたり、一人でくるくる回ったりすることは「自己刺激」といって、

おもちゃなどでまだ上手に遊べないお子さんに多いことです。

自分の身体で遊んでいる状態、って思ってもらうとわかりやすいかな、と思います。

おもちゃで遊べるようになると、このような自己刺激も減っていきますよ。

 

 

転がしたり、振り回したりすることも多いです。

転がす、並べる、高いところへ登る、特定の遊び方にこだわるなども、

遊び方が少ないお子さんに多いです。

出来ることを増やしてあげると、相対的に減っていきます。

 

<関連記事>

 

自分では難しいことが多くいお子さんですが、
手を添えれば出来ます。

 

粘土遊びも、手をひらひらさせて振っていることが多いけれど
一緒にやれば包丁で切ったりフォークで刺したりもできます。

言葉が出ない4歳の子の家庭療育プログラム「パーソナルプログラム」

 

このように、自分ですすんで出来ないお子さんの場合は、

すすんででなくていいので、手を添えて、

出来ることを増やしてあげることが大切です。

 

経験が増えて理解すれば、自分からやるようになって、出来るようになっていきます。

 

着替えも、後ろに回って、一緒に手を添えて着替えればやろうとしてくれる
ちゃんと服を持ってくれます。

 

子どもができない、やらない、にあきらめないで、

気長に教えてあげてほしいと思います。

言葉が出ない4歳の子の家庭療育プログラム「パーソナルプログラム」

何を教えていいかわからない、どうやって教えてあげればいいか分からない方は、

澄川綾乃のことばカンタン家庭療育へご相談ください。